診療科目

TOP > 診療科目 > 予防歯科

予防歯科

虫歯も歯周病も細菌が感染して起こる病気です。
そのメカニズムもほぼわかっているため、虫歯も歯周病も現在では予防できる病気になってきています。
そのため、当院では以下のコンセプトを元にあなたの歯をお守りします。

(1)虫歯になりかけの歯は削りません

虫歯の洪水と言われた昭和の時代は虫歯予防には、早期発見、早期治療が大切だと信じられていました。
しかし治療後何年か経つと、そこから虫歯になったり、詰めたものが取れてしまったり・・・といった経験はないでしょうか?

私は小学生の時に左の奥歯に銀歯をつけてから今までに3回も取れてはやり直しを繰り返し、その度に歯を削られています。
一度歯を削ると、その歯はどんどん悪くなるのです。
そのため、虫歯になりかけの歯は削らないほうがいいのです。
正しくは、予防処置をすれば、削らずに済むかもしれません。
ある程度進んだ虫歯は、残念ながら治療が必要です。
しかし、初期の虫歯は、歯を強くしたり、生活習慣の改善など、削らずに元の健康な歯に戻すことが出来ます。

これ以上虫歯にならないこと、私達と一緒に始めましょう。


(2)歯周病になったのは、あなたがしっかり歯磨きをしなかったからではありません

日本人は1日平均2~3回毎食後しっかり歯磨きしています。
それなのに歯周病になってしまうなんて・・・と疑問にお思いの方、
実は、歯周病の原因は、歯磨きでは取れないバイ菌の硬い膜や歯石なのです。
つまり、歯磨きだけでは、予防は難しいのです。
歯周病からあなたの歯を守るため、歯科医院での定期的なクリーニングが欠かせません。
もしあなたが従来のように、治療のためだけで医院に通う現状なら、80歳で6本しか歯が残らない可能性があります。
あなたの大切な歯を守るため、定期的なお口のケアを受けましょう。


今までの歯に対する常識が、実は間違っていたことをわかりやすくお話しさせていただきましたが、いかがでしょうか。
あなたと私たちの共通の敵は虫歯と歯周病です。
そして私たちはあなたの大切な歯を削りたくありません。
一緒に力を合わせて予防をはじめましょう!

お気軽にご相談ください