診療科目

TOP > 診療科目 > 歯ぎしり

歯ぎしり

睡眠中の歯ぎしり(歯軋り)やかみしめは、起きている時の数倍もの力が歯やあごにかかり、歯を傷めます。

誰でも歯ぎしりをすることがありますが、毎晩の歯ぎしりや強い食いしばりは、睡眠の妨げになるぱかりでなく、確実に歯やあごの関節を破壊します。歯が削れる、折れる、しみるなどの原因となることもあります。
歯ぎしりの原因には次のものがあげられます。

歯ぎしりの主な原因

癖、心因性、ストレスによるもの
精神的なストレス、悩みや潜在的な心配事があると、眠っているときに歯を食いしばらせて、ストレスを発散させることがあります。歯ぎしりをしている多くの方は、癖、心因性、ストレスが原因です。

全身の病気によるもの
全身の病気によって、筋肉の緊張状態が作り出され、歯ぎしりがおきやすくなります。

かみ合わせによるもの
歯並びが悪かったり、かみ合わせの異常によって歯ぎしりがおきることがあります。

その他
遺伝的な要因、合っていない金属のつめ物、癖など。

歯ぎしりは様々な障害を引き起こします。


歯が削れる(磨耗)、割れる、痛む、しみる(知覚過敏)など。

歯肉
食物がない状態で強い力が歯の根に加わるため、引き伸ばされたり、圧迫されたりして、歯の周りの組織が血流障害をおこし、歯周病を進行させます。

顎関節(がくかんせつ、あごの関節)
あごの関節の痛み、口が開けづらい、あごが疲れるなど。

全身
顔面痛、頭痛、肩こり、イライラ、倦怠感、腰痛、不眠など。

その他
歯ぎしり音により、隣で寝ている人の睡眠を妨げます。

歯ぎしりの治療法

自分でできる治療法としては、日常のストレスを発散させるためにスポーツをしたり、散歩したり、気分転換をはかるとよいでしょう。枕を高くしないなど、寝る方法を変えるのもよいでしょう。

また、精神面から、寝る前に「私は歯ぎしりはしない」と繰り返し言う、「自己暗示」も一定の効果があります。

歯科医院での治療としては、ナイトガード(スポーツ選手のするマウスピースのようなもの、歯ぎしり防止装置)の作製、かみ合わせの治療などをおこないます。

※治療法について、ご不明な点がありましたらご来院の際にお尋ねください。

ナイトガード(歯ぎしり防止装置)の治療の流れ

1回目のご来院
お口の中を診させていただきます。大きな虫歯があるなどの問題がなければ、歯の型をとります。

2回目のご来院
調整した後にお渡しします。

※ナイトガードは2回の通院で作製、お渡しできます(健康保険適応)。費用は5000円ほどです。お気軽にご相談ください。
※ナイトガードを使用することにより、睡眠中の歯ぎしりが緩和されます。
※友人とのご旅行、寮生活、合宿や研修の際に使用することもできます。

お気軽にご相談ください