診療科目

TOP > 診療科目 > 歯周病・歯槽膿漏

歯周病、歯槽膿漏

まず、気づくことが大切です。
歯周病は、歯を支えている歯ぐきや骨の病気です。
その原因は、歯と歯ぐきの間にできるすき間(歯周ポケット)内の細菌です。ものがうまく噛めなくなり、最後には歯が抜けることもあるのです。
さらに困るのは、痛みなどの自覚症状がない場合が多いことです。歯周病を防ぐには、まず自分の歯ぐきの状態に気が付くことが大切です。

歯周病は早期に発見して適切な治療とていねいなブラッシングを継続していくことで、直すことができます。

自分の歯ぐきをチェックして早期発見早期治療を心がけましょう。

歯周病の治療は次のような流れで進みます。

歯周病の治療は50%は患者さんの努力にかかっています。また、治療期間は軽度の人で3カ月、進行した人は6カ月以上かかることもあります。
しかし、自分のかけがえのない歯を一本でも長持ちさせるため、私たちと一緒に歯周病に立ち向かっていきましょう。

お気軽にご相談ください