当院のご紹介

TOP > 求人

みろ歯科 常勤歯科医師募集中

現在、常勤歯科医師を募集中です。

卒後1~2年の臨床経験の少ない先生へ

卒後1~2年の臨床経験の少ない先生の一番のニーズは、診療スキルの向上にあるかと思われます。

卒後間もない時期は、大学で学んだ知識はありますが、臨床に対しては不安があると思います。
私も最初は臨床に対してはかなり不安があり、研修医の時から先輩や知り合いの紹介の歯科医院でバイトをさせてもらい、とにかくまず数をこなすようにしました。
ある程度手が動くようになれば、不安を払拭できる、そう思ったからです。
ところが手が動くようになったその先にもっと大きな問題が待っていました。
それは、言われたこと、指示されたことについてはできても、自分の頭で考えて治療することができない、ということでした。
特に困ったのは補綴物セットの後、次何をやるのか、まるでわからず、患者さんに説明ができないことでした。
このように卒後間もない時期に、私自身、非常に悩んでいました。


その不安の原因は、以下のことが考えられます。

  • 診察しても診断に不安を感じる
  • 治療計画が立てられない(だから次回何をするのか説明できない)
  • 忙しくて先輩や院長から指導を受けられない
  • 治療経験不足で自分が行う治療に対してこれでいいのかどうか疑問を感じる
  • どうやって臨床スキルを向上すれば良いのか分らない
  • 自分一人で治療をしてわからないことに遭遇しても、誰も助けてくれない
  • 自分の将来に対しても考えることが出来ない

私と同じように、臨床経験が少ないドクターは、このようなことを感じていることに多くの場面で見受けられます。
このような不安は、歯科医師として、臨床スキルを伸ばすうえで、大きな弊害となります。

そこで、このような弊害・不安を取り除くために、当院では

  • 歯科医師の教育マニュアルの完備
  • 歯科医師スキルアップのためのシステムを確立
  • 診療内容の振り返り
  • 症例検討
  • 複数の歯科医師によるレクチャー
をしております。

卒後3年~以降の先生へ

次に卒後3年以降になると、自分の歯科臨床スキルは、保険治療をはじめとし、ある程度確立された時期になると思われます。
更に臨床スキルを伸ばすために、専門分野に特化した自費治療のスキルを学ぶ時期にもなると思います。

その際に、まずは勉強できる環境なのか、学会・セミナー・研修会に参加ができる環境なのか、が非常に重要になってきます。
そして、次にこれらのことを勉強した後に、働いている勤務先で、実際に実践できる環境なのか、ということが非常に重要になってきます。
セミナーでいいことを聞いた、新しいことを教わった、でも勤務先では実践できない、では身に付きません。

そこで、当院では、上記どちらとも可能な環境作りをしており、勤務医の先生が成長できる環境作りに力を入れております。

卒後5年以上の先生へ

そして、卒後5年以上、自分の治療スタイルが確立した後は、年齢的にも30代前後で周囲の友人も結婚や開業の話がちらほら聞こえてくるようになると、開業・もしくは分院長など管理職に興味が湧きはじめる時期になります。

この際に重要なことは、経営です。
経営とは今まで過ごしてきた歯科治療とは全く別のジャンルです。

開業すること自体は、開業後の世界に比べればそんなに大変ではありません。なぜなら業者さんがほとんどやってくれるからです。
私は開業して自分の好きなように治療する、という前途明るい未来のみを期待して、さらに金融機関から多額のお金を借りたことで、舞い上がった、浮足立った状態で開業し、たくさん痛い目にあい、とても苦労しました。
まずスタートの時点で診療報酬が2か月後に振り込まれることを忘れていて、即資金がショートし、あわてて身内にお金を借りました。その後、自分の給料は額面上はスタッフより多い給料のはずが、借り入れの返済等支払うと実際の手取りがスタッフより少ないこともありました。お金をもらう立場と、払う立場ではこんなにも違うのかと愕然とし、勤務医時代に職場の環境や給料について飲み屋で管を巻いていた自分に猛省しました。
ハッキリ言って借金返して食べていくのがやっと、そういう状況になるともう治療技術どころじゃなくなります。
さらに、開業後1年もたたないある日を境に従業員が突然全員来ない、突然辞める、という経験もしました。
いくら治療技術の腕が良かったとしても、それだけではスタッフと円滑に仕事をしていくことはできません。
同様にいくら治療技術の腕が良かったとしても、受付の患者対応が悪ければ、患者さんは来ません。

また客観的に歯科業界について、日本全国で歯科医院が何軒あって、その平均医業収入、1日来院患者数はご存知でしょうか。
さらにつっこんで、変動費、粗利、人件費、固定費、利益、税金についてはどうでしょうか。
ユニット何台でスタッフ何人が適正でしょうか。そのスタッフに国民健康保険、歯科医師国保、社会保険、国民年金、厚生年金について、説明できるでしょうか。

だからこそ、この経営については歯科治療技術と同等に、非常に重要だと思うのです。

重要であるにも関わらず、大学時代・勤務医時代では、全くと言っていいほど、教わることがない分野になります。
歯科医院がコンビニよりも多く溢れ乱立している現在、必ず経営を学ばないと、経営は成り立たないと言っても過言ではないと考えます。

そこで、当院では自分の失敗談・成功談をもとに、経営について教えるノウハウがあります。

私は日商簿記3級をもっているので、歯科医師の中では経営的な数字に強い方だと思いますが、それでも経営コンサルタント、税理士、社会保険労務士に来てもらい、今でも経営に重要な数値について日々勉強しています。

誰からも教わったことのない、経営を学ぶことで、開業後も更に飛躍をして欲しいと願っています。

歯科医師(常勤)
  • 40.0万円~、能力により応相談
  • 試用期間は3ヶ月間、能力に応じ短縮可

お問合せはこちらから

希望職種 ※ご希望の職種を1つ選択してください。
歯科衛生士 歯科助手 非常勤歯科医師
お名前※必須
フリガナ※必須
生年月日※必須
年齢※必須
ご住所
(例:3200806  ハイフン無し)
都道府県
住所
電話番号(半角)※必須 (例:0286126485 ハイフン無し/半角数字)
メールアドレス(半角)※必須
志望動機
自己PR
入社希望時期 (例:2016年春から)

お気軽にご相談ください