みろ歯科ブログ

2019/04/17:定期的なクリーニングの重要性

こんにちは。
宇都宮市みろ歯科歯科衛生士の岸本です。

先日の木曜日に歯科衛生士向けの院内セミナーが行われました。

IMG_1253.jpeg
↑歯科衛生士向けセミナーの様子です

都内から歯科衛生士の講師の先生と、歯科材料会社松風の方にお越しいただきました。
主にPMTC(専用の機械や薬剤を使用してプロが行うクリーニング)についてと最新の機械を使った実技のセミナーでした。

IMG_1252.jpeg
↑最新のエアフローという機械です

超音波の機械、粉と水で汚れを落とす機械がついていて短時間で汚れを落とすことができ感動しました!
私が歯科衛生士専門学校の学生だった頃は粉の味が独特であまり良いイメージがなかったのですが、今は粉の味も改良されており不快感なく施術を受けられました。
導入は未定ですが、新しい機械に触ることができ、勉強になりました。

◯PMTC : 専用の機械や薬剤を使用してプロが行うクリーニング
そもそもなぜPMTCを行う必要があるのかというと...虫歯や歯周病の原因となる細菌の集合体が、歯の表面にバイオフィルムとして付着します。
バイオフィルムは歯磨きでは完全には取れないので、それを除去するためPMTCが必要になります。

◯バイオフィルム
ブラッシングだけではバイオフィルムが残る→粘膜、舌、咽頭部約75%
ブラッシングでケアできる→約25%
と言われています。
自宅での歯磨きだけでは予防しきれないのです!

◯細菌コントロール
虫歯や歯周病の予防には、正しい歯磨きが基本です。
さらに定期的なクリーニングを受けることで完璧に近い予防が目指せます。

IMG_1286.jpeg
この図はPMTC実施の有無で口腔内細菌の数がどう変動するかを示したものです。

1日のうちでも歯磨きを境に増減しますが、PMTC未実施はPMTC実施済みと比べ、細菌数が常に高い水準で推移してます。
一度落としても、3~4ヶ月かけて少しずつ蓄積するため、定期的に落とすことが非常に重要です。

セミナー内容も実技指導も最新の機械も素晴らしく、スキルアップがてきたと思います。
現状維持でなくもっともっと学んで、知識を更新して患者さんにとって質のいい処置をしていきたいと感じた1日でした。
セミナーを受けさせてくださった院長先生や、講師の先生に感謝を忘れずに、また患者さんを笑顔にできるよう頑張ります。
歯ブラシの仕方やホームケア方法でわからないことや疑問があったら、スタッフに遠慮なく聞いてください^ ^
一緒に綺麗な口腔内にできるように頑張りましょう!

過去の記事