みろ歯科ブログ

2019/03/13:親知らずは抜くべきなのか?

こんにちは。
宇都宮市みろ歯科 歯科衛生士の松尾です。

私は先日親知らずを抜きました!
以前から横に埋まっているのは知っていて、気にはなっていたのですが、痛みも全くなかったのでそのままにしていました。
しかし最近になっておされる様な痛みが続くようになり、抜く決断を致しました。

人生初の抜歯でドキドキしていましたが、思っていたよりあっという間でした!

率直な感想を言うと、抜歯最中の痛みは全くありませんでした。
よく患者様からも、痛みを伴うのかよくご質問を受けるのですが、実際体験してみて自信を持ってお答えすることができます。
抜歯中は麻酔がしっかり効いているので、痛みを感じるということはないです!
強いて言うならば、口を開けている方が辛かったというぐらいでしょうか。
抜いた当日は痛み止めが切れると痛みはありましたが、お薬もしっかり処方されるので安心です。
今回は歯茎を切開したので翌日ぐらいまでは痛みはありましたが、しばらくすると痛みも徐々になくなり、気にならなくなりました。
抜いて良かったなあと思いました☆

さて今日のブログのテーマはその親知らずについてです!そもそも親知らずは抜かなくてはいけないのか?そうではないのか?

2019.3.13.jpg

親知らずには抜いた方が良い場合と、抜かなくても良い場合に分かれます。

【 抜いた方が良い場合 】

①親知らずあるいは手前の歯がむし歯になってしまった

親知らずは一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後の手入れも困難です。
また、治療ができたとしても、再びむし歯になったり、つめものがとれてしまったりする可能性があります。
親知らずがむし歯になったらあえて治療をせずに抜いてしまった方がよい場合があります。
また、親知らずの手前の歯もむし歯になってしまった場合は、すみやかに親知らずを抜いて手前の歯のむし歯を処置する必要があります。
長期にわたって放置すると手前の歯までも悪くなりすぎて抜くことになる恐れもあります。

②横向きに埋まっていて前方の歯に障害を及ぼしている

親知らずが横向きに埋まっていると智歯周囲炎(親知らずが原因で起こる歯茎や歯周組織の炎症のこと)を引き起こすので、親知らずを抜くことが多いです。

③いつも食べ物がつまる


【 抜かなくても良い場合 】

①親知らずが上下できちんと生え、かみ合っている

②顎の骨の中に完全に埋まっていて問題が無い

③入れ歯やブリッジの土台として親知らずが必要

ある程度真直ぐ生えている親知らずは、前方にある第一大臼歯や第二大臼歯をなくした場合でも、削ってブリッジの土台に使ったり、入れ歯のバネをかけることができるため、残しておいた方が良いこともあります。

このように親知らずは必ず抜かなくてはいけないというわけではなく、状態にもよるという事です。
親知らずを抜こうか迷っている方にご参考になればと思います (*^_^*)
症状が特になくても、レントゲンをお撮りすればどの様に生えているか分かます。
みろ歯科では口腔外科の先生も来ていますので、気になる方はお気軽にご相談ください ♩

過去の記事