みろ歯科ブログ

2018/10/31:1年間で歯のケアに投資する額

こんにちは。
宇都宮のみろ歯科、歯科衛生士の松尾です。

私は先日、日光の紅葉に行ってきました!
目的地に行くまでの景色もとても綺麗で、気持ちの良いドライブでした。

2018.10.31.jpg

今回の目的は鬼怒川ライン下り!!

乗合船に乗って30、40分程かけて川を下るのですが、とても楽しかったです。
秋を感じる事ができて良かったです(^^)


さて、今日は少し視野を広くして、日本人の虫歯の実態についてお話ししていきたいと思います。

いきなりですが、日本人は虫歯が多いと思いますか?少ないと思いますか?

正解は「多い」です。

先進国でもっとも虫歯が多い国のひとつと言われています。
日本人の約95パーセントは歯を磨いていて、1日2回以上磨く人が約48パーセント、約25パーセントの人は、毎日3回以上歯を磨いているという調査結果が出ています。(厚生労働省)。
ときどき磨く人は全体の2パーセント程度、磨いていない人は1パーセント程度しかいないと言われています。

では何故日本人は歯を磨いているのに虫歯が多いのでしょうか?

日本人は甘いものをたくさん食べているから虫歯が多いのでしょうか?
いいえそんなことはありません。
ひとりあたりの砂糖の年間消費量を比較したデータによると、アメリカ、イギリス、スウェーデン、オーストラリアなどの国では、日本人の2~3倍も砂糖を摂取していますが、虫歯の本数は日本人よりも少ないのです!!!

虫歯が多い原因は主に2つあります。

① 定期検診や予防処置(フッ素、クリーニング等)の受診者が少ないこと
★歯医者に行く割合 アメリカ男性...76% 日本人男性...36%
★一度も虫歯になったことがないと答えた人 アメリカ男性...25% 日本人男性...4.5%
★1年間で歯のケアに投資する額 アメリカ男性...平均約3万6000円 日本人男性...平均6000円
(※この投資額は、歯の治療にかけた金額というよりは、健康な歯を保つために歯科でクリーニングやホワイト二ングをしてもらうといったような、予防にかける金額)

正直、歯医者さんはあまり良いイメージがないと思います。
行ったら痛いことをされる、キーンとする音が嫌だ、小さい頃のトラウマなど...様々あると思います。
しかし、「治療するため」ではなく、「予防をするため」に来て頂ければ、痛みもないクリーニングだけで終わる事もあるのです!

当院では4ヶ月ごとの定期検診に毎月300人程度の多くの方ががいらっしゃっております!
定期検診に来て頂くことで、ご自分ではとりきれない磨き残しや、歯石をおとりすることで歯周病を予防し、万が一虫歯があっても早期発見し、すぐに治療を行う事が出来ます。

②まちがった歯磨きをしている
歯を磨けば虫歯が防げるのではなく、口の中の細菌をとりのぞく事が重要です。
磨いているのに磨けていないのはとてももったいないです。
ご自分にあった歯ブラシ、磨き方を知るためにも是非定期検診に来て頂ければと思います ☆

このような実態であるのは残念な事ですが、予防の大切さを沢山の方に知って頂き、今後「予防のために歯医者へ!」という方が増えることを願っています。
日本人は虫歯が少ない!綺麗だね!と世界中の人々から思われる様な国にしていきたいですね (^_^)~♪

過去の記事