当院のご紹介

TOP > 診療科目 > 骨造成について

骨造成について

一般的な歯科医院では、歯を支えるための顎の骨の量が充分でないと、インプラント埋入ができないケースがあります。 当院では、骨造成・再生を得意としております。

一般的には難しいと言われるような症例も数多くこなしている実績がございます。 ここでは当院で行っている骨造成テクニックをご紹介していきます。

GBR

骨が不足している部分に、膜を用いて骨を作るスペースを用意し、その中に、骨のもとになるものを詰めて骨の再生を促す治療法です。インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合、用いられます。
通常は、インプラント埋入手術前に必要な骨を作ってしまうか、もしくはインプラント手術のとき、同時に行われます。GBR法を行うことで、今までインプラントを行うための骨が不足していた人でも、骨の量を増やすことによりインプラント治療が可能になるケースが増えています。

サイナスリフト

上顎の上、ほほの骨の中は、大きく空洞になっています。そこを上顎洞(サイナス)といいます。上顎洞は、鼻腔につながる空洞で、粘膜で覆われています。
上の歯にインプラントをする場合は、上顎洞に到るまでの上顎の骨の中に、インプラントを収める必要があります。
そのため今までは、上顎の骨の厚みが足りない方の場合、インプラントを行うことができませんでした。しかし今では、上顎の骨の厚みが不足している方でも、インプラントを行える技術が開発され実際に活用されています。

ソケットリフト

特殊な器具を使い上顎洞底部を押し上げます。そこに骨補填材を入れ、骨の高さを確保します。サイナスリフトが上顎洞までの骨の厚みが0~4mmの場合に行うのに対して、ソケットリフトは5~9mmの場合に対して行います。インプラントを埋入する部分から骨補填するので、傷口が小さくて済むというのがメリットです。

お気軽にご相談ください