お口の健康ガイド

スポーツマウスガードの取り扱い方法について

マウスガードの取り扱い方法について

  • 臭いが気になるときは、使用前に洗口液(リステリン、モンダミンなど)を布やティッシュにつけて、マウスガードを拭くと臭いが消えます。
  • 外れないようにするために、マウスガードをガムのようにかまれる方がいます(特にスポーツ用品店で購入したマウスガードを使用している方に多くみられます)。ガムのようにかむと、マウスガードが痛みますので、避けてください。
  • 使用後は水でよく洗ってください。軟らかめの歯ブラシに歯磨き粉をつけて洗ってもよいでしょう。汚れや臭いが気になるときは、入れ歯洗浄剤(ポリデント、タフデントなど)を使用してもよいでしょう。
  • 清掃後はカビが生えることがありますので、水洗後は必ず布やティッシュで拭いてください。
  • 熱に弱く、70度以上になると溶け始めます。消毒のために熱湯をかけたり、夏場に車のダッシュボードの上に置いたままにするのは避けてください。
  • 愛犬がかみ砕いて使用できなくなったり、紛失したり、ご家族が誤って捨ててしまうこともまれにですがあります。使用後はケースに入れて大切に保管するとよいでしょう。
  • 長期間使用すると適合性が低下したり、磨耗して厚さが減少するなど、気付かない点で消耗が進みます。古くなったマウスガードは、新しいマウスガードに交換してください。
  • 使用後は1年毎に定期検診を受けるようにしてください。また、使用中に不都合等が生じた場合は調整いたしますので、予約後にご来院ください。
  • スポーツ選手にとって、かみ合わせは大切なものです。歯がないとくいしばることができず、力が入りません。虫歯や歯周病の治療・予防処置をおこなうことにより、歯を大切にしましょう。