お口の健康ガイド

乳歯の異常について

「歯がくっついて生えてきた」、「歯が生えてこなかった」などでビックリされた保護者の方は多いと思います。けれども、歯がくっついて生えてきたり、歯が生えてこないというのは決して珍しいことではなく、よく見られることなのです。以下はその説明です。ご参考になれば幸いです。

主な異常の発現率

癒合歯(歯と歯がくっついて生えてきたもの) 4.1%
先天性欠如(生まれつき歯がないもの) 2.4%
形成不全(歯の形が完成しないまま生えてきたもの) 1.5%
矮小歯(通常よりも小さい歯) 0.4%

癒合歯(ゆごうし、歯と歯がくっついて生えてきたもの)の発現する部位とその割合

上顎AB(上あごの1番前の歯と前から2番目の歯がくっついたもの) 9%
下顎AB(下あごの1番前の歯と前から2番目の歯がくっついたもの) 45%
下顎BC(下あごの前から2番目の歯と前から3番目の歯がくっついたもの) 46%

癒合歯の経過

癒合歯の部位 永久歯が生えてこない 永久歯も癒合歯
上顎AB 71% 0%
下顎AB 11% 1%
下顎BC 71% 1%

永久歯が生えてこなかったときは

乳中切歯永久歯が生えてこないお子さんは、少しずつ増えているといわれています。永久歯が生えてこないときでも 多くの場合は、永久歯の本数が足りなくてもきれいな歯並びになる、あるいは状態がよければ30~50歳くらいまで乳歯が残ります。

もしも、永久歯が生えてこないところに隙間ができたとしましても、矯正治療で歯を動かして隙間を埋めたり、ブリッジやインプラントなどの方法によって、きれいな歯並びをつくることはできますのでご安心ください。

※資料 歯科学報(東京歯科大学小児歯科学講座が日本人小児2733人を対象に調査をおこなったもの)