みろ歯科ブログ

2018/09/12:後ろに並んでいる歯は、予備の歯

みなさん こんにちは。
宇都宮市みろ歯科 歯科衛生士の佐藤です。

今回はサメの歯についてお話ししたいと思います。
サメといったら噛む力がとても強いイメージがありますよね。
大型で肉食性で大きな口のサメの歯は、尖っていて獲物を食いちぎるのに適しています。
人間の歯は、前歯、犬歯、奥歯の3種類の歯がありますが、サメの歯は先端が尖った歯ばかりです。
サメの歯の形や数は、サメの種類によって異なりますが、6~20列の歯が並び、なかには3,000本の歯を持つサメの種類もいます。
サメはたくさんの歯列がありますが、餌を捕るときは前から2列までの歯を使います。
その後ろに並んでいる歯は、予備の歯になります。
獲物に喰らいついたり、前列の歯が割れたり、すり滅ったりすると自然に抜け落ちていき、代りに後ろの歯が移動して前へと出てきます。
サメの歯は、人間の歯と違い、抜けては生えてを何度も繰り返しています。
約2~3日ごとに歯を交換して常に鋭い状態を保っているサメは、一生に2万本以上の歯を使うと考えられています。
サメの歯が抜けやすい原因の一つは、人間の歯と違い、歯を支えている歯槽骨や歯根膜がないことです。
サメの進化の過程で、皮膚(ウロコ)の一部が発達してできたからと考えられています。
人間も、重度の歯周病になると歯がグラついてきて、この歯槽骨や歯根膜が破壊され歯が抜け落ちます。
サメの歯は、人間の歯と違い、抜けては生えてを繰り返しますが、私たちの歯は、抜け落ちたあとに次の新しい歯は生えてきません。しっかり歯周病予防を行い、サメの歯のようにボロボロと抜け落ちないように気をつけていくことが必要ですね。
そのためにも普段の口腔ケアや定期検診がとても大切になります。

話が変わりまして先日休みをもらい韓国に旅行に行ってきました。
韓国では冬のソナタのロケ地であるナミソム村というところに行きました。
並木がとても綺麗で天候にも恵まれたのでとても気持ちよかったです。
今度は寒そうですが冬の季節にも行ってみたいです。

2018.9.12.jpeg

韓国の有名なコルギマッサージもしてきたのですが、とても痛かったです。笑
ご飯も美味しいものがたくさんありチーズダッカルビやサムギョプサルも食べてきました。
またデザートも豊富でソルビンというきな粉のかき氷や今韓国で流行っている果物のパフェも食べに行きました。
私はマスカットのパフェを食べたのですがたくさんマスカットが詰められてあり満足しました。

2018.9.12-1.jpeg

食べて遊んでとても楽しい4日間でした!また近々行きたいです!

過去の記事