みろ歯科ブログ

2018/07/11:ホワイトニングの進め方

こんにちは。
宇都宮市みろ歯科、受付の福永です。

最近暑い日が続きますね。
少し前ですが診療後にそのまま車で横須賀にいきました。

inCollage_20180603_184751099-1800x1440-1350x1080.jpg

夜の首都高速からの夜景は最高です。
また先日は霜降高原へハイキングにいってきました。
道はほぼ階段になっていて、約1500段のぼりました。
さすがに次の日は筋肉痛がひどかったです。
ちょうどキスゲの花が満開でとてもきれいでした。

18-07-01-16-43-13-062_deco-1920x1080.jpg

まだまだ暑い日が続きますので、皆さま体調など気を付けてくださいね!


では本題です。
前回は「ホワイトニングについて」お話しをしましたが、今回はホワイトニングの進め方についてお話しをしていきます。
まずホワイトニングは2種類あります。
歯科医院で作ったマウストレーを使って自宅でブリーチする「ホームホワイトニング」と、
歯科医院のスタッフにおまかせで、一気にブリーチする「オフィスホワイトニング」です。
方法や治療期間はそれぞれ違いますが、白く健康な歯というゴールは一緒です。

共通の進め方として、まずお口の健康状態を診察して虫歯や歯周病、亀裂はないか、知覚過敏はどうか、どこに被せ物や詰め物があるかなどの確認をし、おおまかな流れについてご説明します。
そして、ホワイトニングをする前の比較写真を撮ります。

次に「ホームホワイトニング」の場合・・
歯型を医院で取りマウストレーを作ります。
マウストレーと薬剤をご自宅に持ち帰り、お好きな時間(就寝中もOK)にホワイトニングします。
歯をきれいに磨き、薬剤をマウストレーにつけて準備完了です。
歯にセットし2時間~6時間過ごします。
うがいをし、使い終わったトレーはきれいに洗浄して水分を拭き清潔に保ちます。
毎日、まず2週間続けましょう。
ホワイトニングを継続し、ご希望の白さになったら終了です。
効果がゆっくりで個人差もあるため、患者さんによってはご希望の白さになるまでに期間もかかることもあります。

「オフィスホワイトニング」の場合・・
歯科医院にすべておまかせ。まずお口のクリーニングをし、薬剤がつかないように歯茎をジェルでプロテクトして歯の表側にホワイトニング剤を塗ります。
ライトをあて、薬剤のホワイトニング作用を活性化させます。
数十分の照射を数回繰り返します。

ではホームホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの使い分けは?
低濃度のホワイトニング剤を使い、ゆっくりと歯の表面を白くするホームホワイトニング。
高濃度のホワイトニング剤を使い、短時間で白くすることのできるオフィスホワイトニング。
どちらが自分に合うのか、選ぶ際のヒントをお教えいたします。

・白くしたいけれど時間がない ・毎日自分で続けるのが面倒 ・色の濃い飲食物を毎日は気にしていられない ・歯並びがかなり悪い
・ふだんから歯がしみやすい ・部分的に白くしたい   

上記の方はオフィスホワイトニングをおすすめします。

・できるだけ費用をおさえたい ・自分の都合のいい時間で行いたい( 就寝中など)

上記の方はホームホワイトニングをおすすめします。

またホワイトニングの白さを保ちたい方は、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用したデュアルホワイトニングで、ムラの少ない仕上がりを目指すのもおすすめです。

せっかく白くきれいな歯になったらできるだけ後戻りを防ぎたいですよね。
そこで定期的にメンテナンスを受けて歯面をクリーニングしてもらいましょう。
変色物質が歯のなかに入り込みにくくなり、後戻りのスピードを遅くできます。

白い歯はもちろん、それと同時に治療を繰り返さない健康なお口を手にいれませんか?口もとの美しさとともに、歯の健康も長く維持していきましょう。
歯科医院ならではのホワイトニングが皆さまをお待ちしています。

過去の記事