みろ歯科ブログ

2018/01/10:むし歯はどのようにできるか

こんにちは。
宇都宮市みろ歯科、歯科衛生士の伊藤です。

年末に茨城県の那珂湊の市場に行ってきました。
年末ということでたくさんの人で賑わっていました。お正月に向けて海鮮をたくさん買ってきました。
カニや牡蠣など食べられるところもありましたが、海鮮丼を食べてきました。

2018.1.10.jpg

お刺身は新鮮でとても美味しかったです!
また行って見たいと思います。


今日はむし歯についてお話します。

まずはむし歯はどのようにできるかをご説明します。
歯の表面についた歯垢はプラークといい、おびただしい数の細菌が集まってできたものです。
歯の表面についたプラーク中のむし歯菌は、砂糖などの炭水化物を分解して酸をつくります。
その酸によってプラークの中、つまり歯の表面は酸性になり、カルシウムが溶け出します。
これを「脱灰」といいます。
酸は唾液の作用によって中和され、再びカルシウムが歯の表面に戻ります。
これを「再石灰化」といいます。
歯の表面では、つねにこの脱灰と再石灰化が繰り返されています。

頻繁に砂糖などを摂り続けていると脱灰が進み、歯の表面が柔らかくなり、最後には穴が開いてむし歯ができます。

むし歯菌は常在菌といって、誰でもお口の中に持っています。
ただ、むし歯菌がいればすぐにむし歯になるというわけではありません。
むし歯菌の餌となる砂糖や炭水化物があって、時間が経過することではじめてむし歯ができます。
しかし、歯の表面がフッ化物で強化されていたり、唾液の酸を中和する能力が高かったりすれば、むし歯の発症は防げます。このように、むし歯はたくさんの要因が影響して発症します。

むし歯のリスクは人によって異なります。
簡単に説明すると、風邪を引きやすい人はマスクをしたりうがいしたりと、一般の人よりも予防を心がけます。
むし歯も病気なので、たとえ同じ食事、同じ生活習慣をしていても、かかりやすい人、かかりにくい人がいます。
むし歯にかかりやすい人は、一般の人よりも予防に力を入れなければなりません。

リスクが低い方は、基本的な予防法で十分な効果が見込めます。
むし歯菌の餌となる砂糖などを減らすこと、ブラッシングでむし歯菌を減らすこと、フッ化物を使用して歯を強くすること、むし歯の基本的な予防法は、この3つがポイントです。
具体的には、間食の回数を減らした規則正しい食生活と、1日2~3回の、食後と寝る前のフッ化物配合の歯磨き粉を使ったブッラッシングを心がけましょう。
むし歯の餌となる砂糖などを減らすには、摂取量を減らすことも大切ですが、飲食の回数やお口の中に残りにくいものを選ぶなどの配慮も必要です。
ブラッシングでは、丁寧に磨くのに加え、フッ化物を使用しましょう。
フッ化物は歯質を強くするだけでなく、再石灰化を促進します。フッ化物がお口の中に長く残っているほど、再石灰化は促進されます。ですから、できるだけフッ化物をお口の中に残すようにするため、ブラッシングの後のお口をゆすがないようにするか、ごく少量の水で一回だけゆすぐようにしましょう。

リスクが高い方は、予防における大きな因子のひとつが「食事」です。
食生活からむし歯のリスクを改善するポイントは、
「砂糖の量」「飲食回数」「時間」「何を食べるか」の4つです。
まずは間食の回数を減らしましょう。
回数を減らせば自然と量も減ってきます。
どうしても回数を減らせない時は、キシリトールなどのノンシュガーのお菓子にしましょう。
次に規則正しい食生活をしましょう。
時間を決めておくことも重要です。
ダラダラ食いは避け、食べる/食べないのオン・オフをしっかり切り替えましょう。
おやつは、お口の中から早くなくなるものを選びましょう。
スナック菓子のような、甘くないけどお口の中に残りやすいものには要注意。
果物やスポーツドリンク、野菜ジュース、缶コーヒーなどには、意外に糖分が含まれていることごありまふので気をつけましょう。
また、リスクが高い方は、フッ化物を、効果的に使いましょう。
飲食をすると、糖分がプラークの中に取り込まれ、細菌により分解されます。
その際、プラーク内のpHは酸性に傾きますが、その値は飲食後10分程度が最も高くなり、その後60分ほどかけて徐々に中和されます。
強い酸性になる前に、食後早めにブラッシングをして、細菌の塊であるプラークと、餌となる糖分を取り除きましょう。
唾液には酸を中和して歯を守る作用があるのですが、寝ているうちは唾液の分泌量か減るので、寝る前のブラッシングは重要です。

以上のことに気をつけてむし歯にならないよう日頃からの食生活やブラッシングをしていきましょう。
また、定期検診でむし歯がないか確認してむし歯のない健康なお口にしていきましょう。

過去の記事