みろ歯科ブログ

2017/12/06:今日、親知らず抜きました

こんにちは。
宇都宮市みろ歯科 歯科衛生士の金子です。

この間は大学の友達に会いに都内に行って来ました!
早速合流してからお腹すいたで、サムギョプサル!!

2017.12.6.jpeg

ほんとは、とんちゃんが良かったのですが、やっていなかったので。
金ちゃんというサムギョプサル(笑)
普通に美味しかったので満足です!!

さてさて、最近ブログ更新がないなーと思ってましたか??
今週からブログのスタイルが変わります!
今までは曜日で書く人が決まっていましたが、今後は毎週水曜日にスタッフが順番に
書いて行くことになります!!
毎週水曜日に更新されるのでみてくださいね!!!

トップバッターは金子です。
いきなりですが金子、今日、親知らず抜きました。
ずっとズーーーット気になってたので、ようやく抜くことができて嬉しいです。
ですがすごく今痛くなりそうな予感がしています。笑

親知らずとは、大人の歯の中で最も後ろにあります。
前歯から数えて8番目の歯ですね。
親に知られることなく生えて来る歯であることがその名の由来だとも言われています。
一般的には、上、下2本ずつで、合計4本ありますが、もともと親知らずのない人や、必ずしも4本が揃っていない人など個人差があります。
また、まっすぐ生えずに斜めに生えたり、少ししか出て来なかったりするのも親知らずの特徴ですね!
親知らずがあることにより歯肉の炎症を起こしやすい状態になってしまいます。
顔が腫れたり口が開きにくくなったりすることがあります。

親知らずの抜歯は、正常に生えてる場合は普通の歯を抜くのと同じように抜けますが、親知らずの大部分が骨の中に埋まっていたり、歯の根っこの形が複雑だったりすると、歯肉を切開したり歯を削ったりするため、抜歯するのにもかなりの注意と手間が必要になります。
はい。金子このパターンでした(笑)

まず、レントゲンを撮って、どのような方向に生えているか。
普通に抜けるか、専門の歯科口腔外科の先生に抜いてもらうか判断しなければいけません。
抜いた方がいい親知らず、残した方がいい親知らず、もあります。
15〜25歳までに生え始める方が多いです。
親知らずが生えてきたなーうずくなと思った場合には一度ご相談ください!

みろ歯科には週に2回ほど、午前中ですが、歯科口腔外科の先生も来ています。
その歯科口腔外科の先生は女性のドクターですが、患者さんにもスタッフにもとても優しくて、人気があり、院長やスタッフ皆からとても信頼されています。
主に火曜日の午前中に出勤されることが多いですが、時間があえば診てもらえるのでオススメですよ。

他にも、みろ歯科では近隣の大学病院(獨協医科大学、自治医科大学)と提携していますので、紹介させて頂くこともよくあります。
その場合は紹介状を書いて、お渡ししています。
もし紹介状なしで大学病院に行くと、治療代とは別に5400円余計にかかってしまうので、一度みろ歯科に来て、先生に紹介状を書いてもらうことをオススメします。
なお、大学病院を受診される際はその紹介状を忘れないように気を付けましょう。

2017.12.6-2.jpeg

過去の記事